輝く☆ スペイン・アンダルシア地方でのエピソードをご紹介します♪
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログ引っ越し
 こんにちわ。
今までこのブログを読んでくださったみなさま、
今回信頼する友人の勧めでブログを引っ越すことになりました。
新しいものはこちらです。
引き続きご愛読くださいませ。
どうぞよろしくお願いします。
with love & thanx ☆kamala

JUGEMテーマ:海外生活
感謝をこめて
2012 carta
今日の和尚からのメッセージ☆LOVE YOURSELF
Risas y el sol
LOVE YOURSELF
You will feel the most significant experience, you will become ecstatic if you can feel that the whole existence needs you, that you will be missed, that if you are not here there will be a gap, you will be missed. You are not unnecessary, you are not superfluous; you have tremendous significance.

Hence, love yourself. You are needed as much as the trees, as the flowers, as the birds, as the sun, as the moon, as the stars. You have to be here and you have a right to be the way you are.
Osho

Thanx Osho    ...   kamala
happy birthday to...
 今日は私の誕生日ではないけど、自分の中で新しく生まれ変わっている何かを感じる。


love & light kamala
発見

Photo Cube Generator
new moon in scorpio
wave punta
昨日10月26日はヨーロッパではNew moon in Scorpio.
場所により、in Libraの所もあるけど。
Waxing Crescent moon in Scorpio.(black moon in Scorpio)
How deep you can go.
と女友達がメッセージを送って来た。
だからだ!
今朝は内側の深い物がわんさかの吹き出て、大波にもまれた感じだったが、
ジョギングの後、この深みを味わえるようになった。
To the core.
Haaaa!

セビリアは昨夜から大雨が降って、今朝もまだその雨は残っていた。

ジョギング中に雨に降られたが、帰って来てマインドはクリアだったので、マックの前に座った。

これ友人がリンクしていたフィルム。

久しぶりの大波に感動した。

19歳の頃サーファーのBFがいた。
ずいぶん年上の人だった。
その世界ではよく知られている人だった。
その人から波のこと、風のこと、サーファーの世界のこと、他、沢山のことを学んだ。
毎週火曜の夜から海に出かけ、水曜の朝早く起きて海に入ってゆっくりして来るというデートのパターンだった。
海に行くと何も要らなくなった。
全てOKの自分になっていた。
その人は「サーファーは波がなければただの浮浪者と同じかな?」
なんて良くジョークで言っていたけど、浮浪者の世界を私は全く知らないので何とも言えない。
彼はいい波に乗るために自分の身体に最善のことしていた。
食事のこと、体力作りのこと。
彼なりの生の哲学をもっていて、私から見れば素晴らしい人だったし、今でも尊敬している人だ。
20年以上たった今でも尊敬できるその人の存在は偉大だ。
私も人間としてそんな存在でありたいと思う。

wave punta1
私はサーファーではないし、体力的にも精神的にも波乗りは出来ないけど、本当に海を愛しているサーファーたちには一目置く。
だって波に乗るって自分と向かいあう瞑想だからだ。
サーフボードの上に立ったこともあるが、実際に乗ってる波の大きさよりも何十倍も高く感じるし、その波のスピードも早く感じて、恐怖がグワーッとでてくる。
それを瞬間にlet goして波とあそぶことって、すごいことだと思う。


今回の2枚の写真、朝焼けの波。
太平洋ではなく、Atlantic,大西洋。
やはり太平洋と大西洋のエネルギーはずいぶん違う。
私の感じでは名前の通りかな?

Pacific ocean, 平和なる海, 太平洋  
peace ocean kamala

20歳のサニヤスbirthday
2011 Sep. 07 Kamala
今日9月7日はサニヤスbirthday
1991年の今日、丁度20年前にインドのプーネ、和尚コミューンでサニヤスをもらって以来、名前もBodhi Kamalaに変わり、人生も変わり、
今は光と陰の街セビリアで暮している。
その頃にはスペインで暮すなど想像もつかなかった。

丁度、つい先日、アルーンのインテンシブトレーニングの中で見た和尚のDVD
「禅は笑いから生まれた。」
というタイトルのマハカシャパの話しの中で、和尚は蓮について語っていた。
泥の中から生まれ高く太陽に向かって咲き、一滴も泥水をつけずに香しい大きな美しい花を咲かせる蓮は聖なる花と・・・。

この名をもらった時は、丁度ダンスとりバランシングのグループに参加している真っただ中だった。
サニヤスをもらうから午前中はグループに行かずにダイナミックの後ヒーリングアートの建物ピタゴラスの前の蓮池の前で瞑想していた。
沢山の蜜蜂が蓮の花の周りを飛び交い蜜をとっていた。
絵を描いている人もいたり、座禅を組んで座っている人も居た。
よく憶えている。
ブッタホールでは瞑想キャンプが3日間にわたって行われていた。
キャンプ中のサニヤスサレブレーション朝の10時から。
私はその時間にブッタホールに行った。
20人近くサニヤスをとる人がいたが私の名前はなかなか呼んでもらえなくて、待ちくたびれていたが、ダンスをしてまっていた。
そして最期から2番目に私は呼ばれた。
もう、ミディアムの前にすっ飛んで行った。
彼女は私の眼を見て後ろの和尚の写真の横に生けてある花瓶の中から花を1本プレゼントされ、
「Ma Bodhi Kamala- Awareness of the Lotus」
と言って彼女の両手をゆっくりと頭の上の方に上げて行ったら、私の両手もまるで鏡のように私が何もしなくても彼女の手について上がって行った。
びっくりして「what can I do?」と叫んだら、
彼女は自分の身体をすっと横によけて和尚の写真を見せてくれた。
私はそれにサレンダーした。
初めて聖なる崇高なエネルギーを実体験した日だった。
Bodhi Kamalaが生まれた日。

それから本当に素晴らしい20年を過ごした。
悲しみも喜びも全て強烈に体験した。

2011 Sep 07 Kamala

覚醒の蓮という名をもらった通り、
泥の中から毎シーズンきれいな大きな香り高い花を咲かせた20年だった。

これから先のことは全く見当もつかないのだが、この生ある限り、
瞑想と共に、この身体を大切に深く高く、精一杯楽しく生きよう。

このBODHI KAMALAと言う名にふさわしい人生を歩もう。

with awareness of the lotus    kamala


新しいエネルギー
カイトサーフ
友人が教えてくれたサイト。
R水素エネルギーについて。


読んでいて明るくなった。

今新しいエネルギーのことを多数の人が研究し語っている。
ビルゲイツはウランエネルギーについて話しているのを聞いたけど、私個人としては、なぜか直感的に聞いてて安心できなかった。

だけど、この水素エネルギーはなかなかいい感じがする。

スペインはソーラエネルギーや風力、火力などもけっこうあるが、ドイツは、
風力エネルギーを集める、扇風機みないなプロペラの近くに住んでる人はなんか精神的に安定しなくなって来ると言っていた。
火力発電は空気が汚れるというイメージがある。

水素エネルギーにも何かしら欠点はあるだろうが、何か気に入った。

私たちは、新しいエネルギー元が必要なので、この日本に事故をきっかけに、世界中でもっと自然と調和した新たなエネルギー開発に力を入れたいものだ。

もう人任せに出来ないときが来ているのだから。

明日は朝早く日本に向かって発つ、とても不安定な時期に帰るのだが、帰ってそれを感じてみるのも大切だと感じる。

コンシャスタッチの仲間に会えるのもとても楽しみだ。
両親の喜ぶ顔をみれるのも。
そして、一番行きたい所は、幼い頃育った田舎の祖母の家、今は祖母は亡くなっていないが、小さな私のめんどうを見てくれた叔母が居る。
今回は彼女とゆっくりと時を過ごしたいと思う。

無事日本までたどり着けることを祈って・・・。

peace on the Earth
with love kamala
太陽=愛の光

the Sun
Love
is the happiest & most fun things in the universe.

Love
flow naturally when we have removed the resistance to it.

Joy & Happiness 
are the natural by product of Love.

先日からリチャード・アンダーソン博士の本をパッと開くとこのページが出てくる。
そして、いつもこの部分を読み返しては、(確かになー)っと思い、他のページに入っていく。
確かに愛はこの宇宙で一番幸せで、楽しいものである。

昨日からつい先程まで、久しぶりに太陽が出ていた。この異常な長雨の合間のホッとした瞬間だった。
今日、屋上でひなたぼっこをしながら、太陽の光は愛そのものだと、感じた。
お日様が出ていると、私も街を歩く人も、道端の花でさえも、皆、本当に楽しそう。

太陽=愛の光

わたしたちを活かし、育み、豊かにしてくれる太陽。
私たちの太陽系の中心になっている恒星で、地球から1億5千万kmのところで、晃晃と燃え、光を放し、そしてその光は宇宙空間を直進してわたしたちまでとどく。
誰のところにも公平に。

だから人々は遠い昔から太陽を神をたたえあがめてきたのであろう。
わたしたちが悲しいときも、苦しいときも、いつも一緒にいてくれ、ただその光を与え続けてくれる。
曇りや雨の日に、太陽は見えないけれど、空にはいつも在る。

太陽=すべてのエネルギーの源=愛の光

雨が続くと皆、無口になり、お日様が出ていると笑顔にHappyになる。

太陽、明日はまた雲の上かな?
with love kamala







Mercury Retrograde=水星の逆行
orenge jagaranda moon
2009年12月26日〜2010年1月15日まで、水星が逆行しています。
Mercury Retrogradeです。

Retrograde=逆行と言っても、実際に反転しているわけではなく、地球から観るとそう見えるだけです。

この時期は、旅行、約束事、通信、交通など、コミュニケーションに関することが混乱します。
特に、始まりと終わりの時期がその影響を強く受けます。

今日は車で買い出しに出かけたのですが、セビリア市の信号機がおかしくなっていて、青から赤に30秒くらいで変わってしまうのが続いていたのです。
びっくりして、「何だこれは?」と周りの道路全体が面食らっていた。
だから、マーケットに着くのにいつもの倍の時間がかかってしまいました。
帰りはおまわりさんが出ていて、アナログ(手信号)で交通整理をしていた。
土砂降りの雨だったので、かわいそうなおまわりさんだったが、彼は使命をもって意気揚々としていたのをみて、普段おまわりさんをカッコいいと思わない質だが、今日は「うん、おぬしなかなかやるな!」と思った。

携帯電話なども変えないほうがいいですよ。
恋人や家族との会話にも気をつけて下さい。誤解を招きやすいですから。
あと、一旦停止は必ず止まってください。

これは日本での話、去年のMercury Retrogradeの時、朝、お参りをしてから行こうと車でいつもの狭い裏道を通った。
いつも行く神社の50メートルくらいのところで、
「前の車止まりなさい!」とパトカーに呼び止められ、
「そこの一旦停止、止まらなかったでしょ?」と、
「はっ?そんなのいつからあったのですか?今まで気づきませんでした。」と、罰金を払いました。

だから、この時期は、ゆっくりとスピードを落とすことが大切です。
物を出来る限り購入しない。
人との約束には余裕を持って、丁寧に。
まあ、あまりアクションを起こさないのが無難です。

この時期は次のステップへの下準備期間だと思って下さい。
だから、もし何かを変えるなら、この間に準備すると1月15日以降にとてもスムースに事が動と言われています。

例えば、今の家に貸していたお金を返してもらって、今は新しく購入したいものの下調べをしてください。そして、そのお金で、15日以降に新しいものを購入すると良いでしょうね。

この水星が逆行している時期は内側にはいる時期です。
今回は山羊座の位置で逆行しています。だから、牡羊座、蟹座、天秤座の人もこの影響を大きく受けるでしょう。

私は、月が牡羊座、常勝宮が蟹座、太陽が天秤座にあります。
だから大きな影響を感じています。
この時期は自己反省をするにはもってこいの時期だと言われています。
私も自分をもう一度見直して、新しい誕生に開花出来るよう準備します。


with love kamala