輝く☆ スペイン・アンダルシア地方でのエピソードをご紹介します♪
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< cirque du soleil | main | 2012年N.Y.の旅行プラン >>
生きてる
水中 川
実は1週間程前まで、かなり体力的にも、感情的にも落ちていた。
症状は低血圧。
1週間程フラフラしながら過ごした。
身体が言うことを聞かないので、気分はかなり落ち込みがちだった。
先週の金曜日に海にいったとき、
「これではいけない』!
と自分で悟った。
だから土曜に朝からジョギングを始めた。

朝、日の出前から起きて(と言ってもこちらの日の出は8時前後だから遅い)日の出が観える所までジョギングし、朝日が昇るのを観る。
ビーチにいる時は砂の上を裸足で走る。
足から地球のエネルギーをダイレクトに受け取った。
セビリアに帰った今は、都会のなで裸足にはなかなかなれないが、出来るだけ土の在る公園を走り、河辺で日の出を観る。
朝の太陽をフォーカスしないで眼を開けてみると第三の目から松果体と言われる脳にの中に在る小さな内分泌器に太陽のエネルギーが入って活性化されるのだ。
走ったり、歩いたり、ストレッチしたりの早朝2時間程のコースだ。

始めて4−5日は筋肉痛で、イタタターって感じだったが、それでも続けたら、今日で6日目。
筋肉痛もすっかり無くなって、体力がついて来た。
もちろん食生活も変えた。
ロー、マクロは変わりないが、大の苦手だったガーリックを出来るだけ、生で料理につかうようにした。

何でガールックが苦手だったかというと、あのにおいが残るところと、
食べた後、必ずゲップが出るのが嫌だったのだが、
ガーリックの真ん中の発芽している部分を取り除くようになったら、ゲップが出なくなった。
ガーリックの力はすごい!

そして時々唐辛子も食べるようにした。
モウフラフラしなくなった。
身体に戻って来た。

生きてるって感じで、毎日クリエーティブに生活できる。
昨夜も久しぶりのライスミルクとバナナのアイスクリームを作って、大成功したし、セッションも出来るようになった。
空の青さに感謝できるし、花の香りも楽しめる。
本当に生きてるってすばらしい。
この身体を持って健康にいきいきと生きるって他の誰もしてくれない。
自分にしか出来ないことなんだ。

このリンクは知人のfacebookにリンクされてたもの。
私の内に強く触れたので皆さんもよろしければご覧下さい。

Love Earth ☆〜kamala



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kamala.jugem.jp/trackback/214
TRACKBACK