輝く☆ スペイン・アンダルシア地方でのエピソードをご紹介します♪
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 2012年N.Y.の旅行プラン | main | 聖人の日と死者の日 >>
new moon in scorpio
wave punta
昨日10月26日はヨーロッパではNew moon in Scorpio.
場所により、in Libraの所もあるけど。
Waxing Crescent moon in Scorpio.(black moon in Scorpio)
How deep you can go.
と女友達がメッセージを送って来た。
だからだ!
今朝は内側の深い物がわんさかの吹き出て、大波にもまれた感じだったが、
ジョギングの後、この深みを味わえるようになった。
To the core.
Haaaa!

セビリアは昨夜から大雨が降って、今朝もまだその雨は残っていた。

ジョギング中に雨に降られたが、帰って来てマインドはクリアだったので、マックの前に座った。

これ友人がリンクしていたフィルム。

久しぶりの大波に感動した。

19歳の頃サーファーのBFがいた。
ずいぶん年上の人だった。
その世界ではよく知られている人だった。
その人から波のこと、風のこと、サーファーの世界のこと、他、沢山のことを学んだ。
毎週火曜の夜から海に出かけ、水曜の朝早く起きて海に入ってゆっくりして来るというデートのパターンだった。
海に行くと何も要らなくなった。
全てOKの自分になっていた。
その人は「サーファーは波がなければただの浮浪者と同じかな?」
なんて良くジョークで言っていたけど、浮浪者の世界を私は全く知らないので何とも言えない。
彼はいい波に乗るために自分の身体に最善のことしていた。
食事のこと、体力作りのこと。
彼なりの生の哲学をもっていて、私から見れば素晴らしい人だったし、今でも尊敬している人だ。
20年以上たった今でも尊敬できるその人の存在は偉大だ。
私も人間としてそんな存在でありたいと思う。

wave punta1
私はサーファーではないし、体力的にも精神的にも波乗りは出来ないけど、本当に海を愛しているサーファーたちには一目置く。
だって波に乗るって自分と向かいあう瞑想だからだ。
サーフボードの上に立ったこともあるが、実際に乗ってる波の大きさよりも何十倍も高く感じるし、その波のスピードも早く感じて、恐怖がグワーッとでてくる。
それを瞬間にlet goして波とあそぶことって、すごいことだと思う。


今回の2枚の写真、朝焼けの波。
太平洋ではなく、Atlantic,大西洋。
やはり太平洋と大西洋のエネルギーはずいぶん違う。
私の感じでは名前の通りかな?

Pacific ocean, 平和なる海, 太平洋  
peace ocean kamala

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kamala.jugem.jp/trackback/216
TRACKBACK