輝く☆ スペイン・アンダルシア地方でのエピソードをご紹介します♪
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 聖人の日と死者の日 | main | ホメオパシー >>
マインド
punta domingo
セビリアはスペインで4番目に大きな都市。
と言っても日本の第4都市の名古屋に比べたら小さなものだが、
だけど、海からセビリアに帰ると、大都会だと感じる。

私はこの街の中心地に住んでいるのでなおさら、外の車の音、工事の音、人の話し声。
うるさい!
外がうるさいと内もざわめく。
まだまだ瞑想が足りないのだろうが・・・。
今居るところだから仕方ない。
ここから始めるしかないのだから。

まあそう言う感じで、セビリアにいる時は、習い事や、セッションで、マインドのざわめきを一生懸命消そうとしてる自分が居ることに気づいた今日であるからして、
さて、私に何ができるか?
と、
今朝ジョギングをしてる時にジベリッシュをしてみた。
その姿はおかしくて、想像すると笑えるけど、
その時は自分のマインドを消すことで精一杯だった。
その後すっきり、スカーッと!
だけど数時間したらまた戻った。

友人が訪ねて来て、胃の調子が悪いと言っていたのでセッションをした。
彼女も最近考えすぎてるそうだ。

アルーンセッション中はマインドはうっとうしくない。
マインドはセッションに傾けられているから、とてもフォーカスされていて、やさしいまいんどになっている。
が、
またセッションが終わった、
その友人とシェアをしながら一緒にいるけど、また再びマインドはうるさいのだ。

マインドって本当にやっかいで、強烈で、
だけど、自分のもので。
上手くやって行くしかないのだ。
本当にそれしかない。
と感じる11月3日の午後である。

with love kamala


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kamala.jugem.jp/trackback/217
TRACKBACK