輝く☆ スペイン・アンダルシア地方でのエピソードをご紹介します♪
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ホメオパシー | main | 最近 >>
レスキューレメディーとオレンジポマンダー
paloma
数日前の雨上がりの朝、家の曲がり角の高級レストランの前ではとがうずくまっているのを発見。
ランニングの帰りで人もあまり多くなかったので、しばらくどうしようかとじっと立ち止まってみていた。
そして獣医に連れて行くことに決め、近くの獣医を2件回ったが2件ともまだ開いていなかったので、仕方なしに家に連れて戻った。
先日買ったばかりのフラメンコシューズの空き箱に中にタオルをひいて、水と粟をおいて、レスキューレメディをスポイトで飲ませた。
ハトはごくごく飲んで、また静かに箱の中にうずくまった。
そのハトはオフィースのプリンターの上に置かれ、犬のリサスは入らないようにされたが、気がつくとドアが開けられ、リサスがハトと向き合っていた。
ハトはびっくりして羽をパタパタさせていた。
私もびっくりして、リサスを追いやり、ハトにもう一度レスキューレメディーを飲ませた。
ついでにオーラソーマのオレンジポマンダーでオーラのショッくトラウマを浄化した。
ハー。
この2つのコンビネーション効きますよ!

グリーンスムージーの後、ハトを獣医に連れて行こうと、手でとたら、指の上に手乗りインコのように乗った。
そのまま家を出て、階段を下りて、手乗りハトは私の指の上に乗ったまま道を歩いて大通りにでた。

大通りには大きな緑の葉がまだ沢山ある街路樹が沢山植わっている。
それをみて、ハトはフワーっと羽を広げ近くの小枝に羽ばたいて行った。
私は一瞬
Ohhhh!ヤッター。
と喜んだものの、そのすぐ後でマインドはあの手乗りハトは大丈夫なんだろうか?と横切った。
家に一度帰って、気になったからすぐ後でその場所に戻ってみたら、ハトはいなくなっていて、変わりに葉っぱの間から青い空が観えた。
あーよかった。

love & peace kamala

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kamala.jugem.jp/trackback/220
TRACKBACK