輝く☆ スペイン・アンダルシア地方でのエピソードをご紹介します♪
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< カンボジア | main | チャン島−クレンジング >>
カンボジア 2
cambodia1
カンボジアと言えばアンコールワット。
ミニバスの運転手に従って毎日寺院を2−3見学するのだが
1日目の最終時間に訪ねたアンコールワットのすぐ横に在るアンコールトムの壮大さにも感動したが、
最後に訪ねたアンコールワットはWOW。
はっきり言って何も期待してなかったのだが、やはり仏教との巡礼のメッカと言われるこの寺、仏教徒であれば一生のうち一度はお参りに行った寺。
スコーンと天と地を結ぶ所だった。
こんな寺は生まれて初めてだ。
気がいいのだ。
友人がここの寺を訪れた時涙が出て止まらなかったと言っていたが、私の場合はこの記事を書いている今も同じ感覚になるのだが、左脳が停止して、右脳の細かな毛細血管まで血液が行き届く感じで、自分の思考脳とは全く違う感じになる。
聖なる地だ。
天と繋がるとは全く良く言ったもので、今まで眠っていた天使エネルギーを活気立ててくれる地。
本来寺とはこういう場所なのだろう。
人々がお願いをしに来るところは、どこか気が重かったり、人の思いが入り交じっていたりするのだが、ここにはそれがなかった。
特に中心のタワーに行くと、気持ちのよいそよ風と周りの緑、澄んだ空気、
全てが助けて、自分が天にいるのではないか?と言う気にさせられ、
時が止まった。

今回の旅で訪ねた全ての寺院はすばらしかった。
もし少しでも時間があればここを1度は訪れてほしい。
世界中から沢山の観光客はきているのだが、十分なスペースがある。
その寺院は少しずつ大自然に飲み込まれていっている。
今、行くのが良い。
カンボジアの汚れていない人々と、数々の澄んだエネルギーの寺院。
シンプルな食べ物。

しばらくこういったアジアの空気に触れていなかったが、私にとっては生涯で最高の旅になった。

カンボジアMY LOVE KAMALA





スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kamala.jugem.jp/trackback/236
TRACKBACK