輝く☆ スペイン・アンダルシア地方でのエピソードをご紹介します♪
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< チャン島−クレンジング | main | 神戸での初コンシャスタッチグループ >>
タイのデザインーバンコック
光
バンコックは今アジアのロンドンのような場所だと思う。
アジアに行く時にトランジットするにはとっておきの街で、モダンなところもあり、アジアのゴチャットした感じも充分あり、
大都会だ。
何でも手に入る。
デザインも豊富で、特にタイ美術の粋な感じがグラフックなんかにちらっと現れていて、何とも言えない風味をかもち出しているから、歩いていても店のロゴやちょっとしたマークなんかに目が飽きない。
とにかく楽しい。

そして、ラサヤナというすてきなローフードレストランもある。
このレストランはゆっくりくつろげるし、マッサージサロンやコレマもやってもらえるので1日遊べる。
お料理もおいしい。
特にレモンパイは☆×5
ピッザもおいしいし、パスタも最高。
私のいつもの定番のパパイヤサラダもyummy だけど、これはさ控えめでと注文しないと、激辛のものが来るから注意。

私はこの旅行中いつも朝、昼はフルーツですませ、夕食1食だけの食事にしていた。
何せフルーツはおいしいし、大好物のココナッツウォーターも1日2個は飲んでいるのでその方がミネラル吸収になるのと、時間の節約になる。
そう言えばタイの蒸しトウモロコしがあり、それは日本のスイートコーンと違い甘さ控えめでもちもちして、気に入ってこれも結構食べたね。

ショッピングモールは想像を越えて大きいのでびっくりした。
だってこんなの20年前はなかったもん。
そんなのが今ではごろごろあり、お金持ちのタイ人たちはまるで日本人と変わらない。特に名古屋の女性のように立て巻きが流行っているようで、みんなきれいに真っ白にお化粧し、名古屋巻きの茶色に染まった髪とファッション、歩き方なんかは、矢場町の松坂屋さんにいるのか?思うときが何度かあった。

バンコックは毎日遊べる。私はお酒を飲まないから、バーにはいかなかったが、街でバンを改装した移動カクテルバーや移動寿司屋の車があちこちで止まっていた。
まあとにかくおもしろおかしな街だ。

帰りに荷物が一杯になったので、もって行った古い服を街がどの屋台のラーメン屋のお母さんに娘にやるようにもっていった。
そのおばさんのよろこんだ笑顔を最後に空港までのバスに乗り込んだ。
古い服であんなにうれしそうにされるとまたこの人に上げようッと思うよね。
こんなに小さな事で喜べるってなんてリッチなんだろう・・・。

with love kamala


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kamala.jugem.jp/trackback/238
TRACKBACK