輝く☆ スペイン・アンダルシア地方でのエピソードをご紹介します♪
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 神戸での初コンシャスタッチグループ | main | タイマッサージ >>
U are what U eat.
スイカの花

日本、タイへの1月半にわたる長い旅からセビリアに帰宅したものの、プラナーダの出張で移動が重なる日々。今週末はまたマドリッドに行かなければならない。

旅に出ると普段と違い、食べ物が乱れる。

私自身、もっと意志が強ければと思うのだが、世の中美味しいものの誘惑がたくさんあり、特に、日本は食べ物がおいしい。

あんこの入った和菓子などは、目の前に出されるとNOとはなかなか言えないのだ。

そんな感じでずるずると調子にのって、タイでは普段食べない加熱した油を取っていた。

しかし、帰宅するころになると、身体が悲鳴を上げる。

あんこの小豆は問題ないのだが、白糖がいけない。

酸化した油を身体に入れるなんて・・・。

今考えるとなんだか感覚がおかしくなっていた。

今回は特に思い知らされている。

肌に久しぶりにアトピーが出てしまい、何年かぶりに手の平に出たから何もできなくなった。

ストップのサインだ。

昨日朝起きて自分の手の平をみて思った。「私は何もできない。今まで何をして来たのだろう。また同じことを繰り返している。身体の声を聞いてあげないと・・・・。etc」落ち込んだ。

昨日から食べものをクリンにし、量もグッと控えるようにした。

今日から洗腸を開始した。もっと早くすれば良かったと思うけど、ここまで来ないとできなかった自分かいる。

感情か沢山出て来た。

「こんな感情の渦の中で、本当にマドリッドに行ってアルーンのグループのヘルパーなんかできるのだろうか?」

自分のことで精一杯の自分。気持ちに余裕がない。そんな自分をジャッジしている自分。

いろいろ観える。

プラナーダはアルーンのセッションをしてくれた。タイでは沢山のタイマッサージのセッションを受けたが、アルーンのセッションを受けるのは2ヶ月ぶりかな?

彼もセビリアに帰って来てから、自分の患者さんの診療や、なんだかんだ疲れているのに、申し訳ないと思ったりもしたが、素直にタッチを受け取った。

はっきり言って上手かった。コンシャスタッチそのものだった。

タッチが身体を通してハートまで届く。

それと同時にたくさんの悲しみを感じる。

涙がこぼれて、泣けて、なけて、仕方がない。

外に向かっているエネルギーが内に向かい始めた。

壊れそうな自分がいて、それと共に居られる自分も居る。

自分を大切にできるのは自分しかいないのに、かまけていた。

責めても後の祭り。

だけど、気づいたから、その瞬間から何かできる。

身体に愛を注げば、自然と心も愛で満ちて来る。

U are what U eat.「あなたはあなたの食べるものそのものだ。」という言葉を最近はよく目にする。

食べ物をクリンにすれば、身体も気持ちもクリンになり、より光と共に生きられる。

3歩進んで2歩さがる自分である。

時々、2歩半さがるときもあるが、

そんな自分も愛そう。

With love & light kamala

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kamala.jugem.jp/trackback/240
TRACKBACK