輝く☆ スペイン・アンダルシア地方でのエピソードをご紹介します♪
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< U are what U eat. | main | 温泉 >>
タイマッサージ
シバゴ
昨日アヌブッタから電話をもらった。
「ハロー僕はデビル(彼は自分のことをデビルと呼んでおもしろがってる。)だよ。カマラ、今日はタイマッサージのセッションがあるんだけど、どこからスタートすればいいか忘れちゃったから教えてくれない? 憶えてる?」
と、だから私は(アヌブッタどうしちゃったんだろう?)と思いながら、
「足からだよー。」とまじめに答えた。
「あっそうだった、だけど、僕は頭からスタートしようと思うんだけどいいかな?」と彼が切り返した。
私は一瞬返答に迷った。
真面目なマインドは(だけど、タイマッサージは足からスタートするもんだよ。)と言っている。
一瞬固まってしまった。
間があった。
そして、あっ!
「アヌブッタ、なに冗談言ってるのー。」
デビルの楽しそうな笑い声受話器の向こうにが聞こえた。

そう言えば最近シリアスになりすぎていた。
今考えると、直感で自分がここと思ったところからスタートすれば良いのに。
変にバンコクでタイマッサージの学校なんか行っちゃったもんだから、たった5日間のコースでもしっかり順序が入ってる。
しかも最終日にはテストなんかがあって、私は大のテスト嫌いであるからして、もちろん、胃が痛くなった。

タイマッサージは瞑想者のために、ブッタの主治医であったDr.シバゴ(写真)を通して生まれて来たもので、基本は瞑想なのだが、実際、今私の通った学校ポー寺のコースで行われているものは、しっかりテクニックを授与するということが基本になってしまっているので、順序や、手の使い方、体の使いかたなどをしっかり教わる。スピリットの部分はほんの少しだ。

アルーン・タイヨガマッサージはタイの伝統的なマッサージのスピリットをしっかり受け継いだまま、自由にのびのびと表現できるから、ポー寺で習うコースよりも何十倍も楽しい。
アヌブッタが和尚から言われた新しい教育の在り方が入っている。
新しい形だから胃も痛くならずに憶えれるわけだ!
やっぱこうでなくっちゃね。

peace kamala
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kamala.jugem.jp/trackback/241
TRACKBACK